新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワーク利用者は、この就職支援サイトもおすすめ!

ハローワークというと、いったん就職しながら何らかの事情で職を失い、
新たな職を求める人が行くところ、というイメージがありますが、
本来、ハローワークは職を求める人と、人を求める企業を結び付けるのが役割です。

 

ですから、新卒で就職希望の若者と企業を結び付けるのも、ハローワークの仕事なのです。
この、新卒者に対象を絞った試みが「新卒応援ハローワーク」です。

 

新卒応援ハローワークの対象者は大学院、大学、短大、高専、専修学校などの学生と、これらの学校を卒業後3年以内の人です。
このような取り組みが始められた背景には、就職氷河期などと言われた時期もある新卒者の就職難があります。
就職に苦労する新卒者を、企業と人を結び付けるプロであるハローワークが応援しようというものです。

 

「新卒応援ハローワーク」では、新卒向けの採用情報を中心に、全国各地の求人情報を得ることができます。
全国の情報が入手できるというのは、UターンやJターン、Iターンを考えている学生にとってもありがたいサービスです。

 

 

新卒応援ハローワークを利用するにはまず、窓口で求職申し込み書に必要事項を記入して提出し、利用カードを交付してもらう必要があります。
登録後は自宅でも情報をインターネットで検索できますが、
窓口にはインターネットで公開していない求人も出ていますので、窓口にも足を運ぶ必要があります。

 

 

「新卒応援ハローワーク」の最大の特徴は、ジョブサポーターの存在です。
ジョブサポーターは就職が決まるまで1人1人に対して親身になって相談に乗ってくれる人です。

 

予約制で毎回同じ職員が面談し、職業適性検査や履歴書の作成相談、面接指導などを行ってくれます。
このほか、就職活動の進め方をアドバイスしたり、登録者に合った求人情報を紹介したり、
就職面接会や就職セミナーが開かれる場合には、その開催を紹介するばかりでなく、予約も取ってくれたりします。

 

 

予約制ですから、通常のハローワークのように待たされることもありませんし、
同じ人がずっと担当してくれるというのは、就活生にとっては非常に心強いサポートといえます。

 

「新卒応援ハローワーク」はこうした個別の相談ばかりでなく、就職フェアや各種セミナーも定期的に開催します。
「面接力アップセミナー」「自己分析・自己PR講座」「志望動機セミナー」「マナー講座」
「グループ・ディスカッション」「Uターン・Iターン就職フェア」といった多彩なイベントが開催されます。

 

 

また、新卒応援ハローワークには
「就活に疲れた」「親のプレッシャーがつらい」「何回も失敗して落ち込んでいる」というような状況になってしまった時には、
心の悩みを臨床心理士に相談することもできます。
また、「新卒応援ハローワーク」では、大手の就職活動支援サイトには載っていない、中小企業の求人を多数取り扱っています。

 

 

採用に必要なコストが抑えられるという理由から、多くの中小企業がハローワークだけに求人を出すからです。
ですから、仮に大手企業の内定を逃したとしても、あらためて中小企業に狙いを定めた就職活動をスタートさせられます。

 

そうすれば、就職活動を途切れることなく続けられることになります。
新卒応援ハローワークには、多くの中小企業の求人情報のほか、地域密着型の企業の情報も豊富です。
Uターン、Iターン志望の人ばかりでなく、転勤のない会社を希望する人にとっても貴重な、有益な情報です。

 

 

また、大学や短大などに、ジョブサポーターが出張し、
各学校の要望に応じて学生への就職相談、就職セミナーなどのイベントを開催することもあります。
逆に企業を訪問して求人開拓したり、地域の中小企業と新卒者とのマッチングを図るなど、幅広いj活動を展開しています。
新卒応援ハローワークは公的機関ですから、以上のようなサービスはすべて無料です。

ホーム RSS購読